第1章 総則

(名称)
第1条 当法人は、一般社団法人気仙沼サポートビューローと称する。

(主たる事務所)
第2条 当法人は、主たる事務所を東京都新宿区に置く。

(目的)
第3条 当法人は、気仙沼の復興・活性化を支援することを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
(1)気仙沼復興・活性化のための支援活動(他の支援活動団体との共同活動を含む。)に係る事業
(2)気仙沼の復興・活性化のための情報の収集及び関係者との情報共有に係る事業
(3)広報誌の発行事業
(4)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

(公告)
第4条 当法人の公告は、当法人の主たる事業所の公衆の見やすい場所に掲示する方法による。

第2章 社員及び会員

(法人の構成員)
第5条 当法人に次の会員を置き、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「法人法」と称する。)を上の社員とする。
(1)正会員 当法人の目的に賛同して入会した個人及び団体
(2)賛助会員 当法人の事業を賛助するために入会した個人及び団体

(入社)
第6条 会員として入会しようとするものは、代表理事において別に定めるところにより、入会の申込みを行うものとする。

2 入社は、代表理事が別に定める基準により、代表理事がその可否を決定し、これをそのもに通知する。

(会費等)
第7条 会員は、当法人の事業活動に形状的に生じる費用に充てるため、入会金及び会費として、社員総会において別に定める額を納入しなければならない。

(社員の資格喪失)
第8条 社員が次の各号の一に該当する場合は、その資格を喪失する。
(1)成年被後見人は被保佐人になったとき
(2)3年以上会費を滞納したとき
(3)除名されたとき

(退社)
第9条 社員はいつでも退社することができる。

第3章 社員総会

(社員総会)
第10条 当法人の社員総会は、定時総会及び臨時総会とし、定時総会は、毎年6月にこれを開催し、臨時総会は必要に応じて開催する。

第4章 役員

(役員の設置)
第11条 当法人に理事4名以内を置く。
2 代表理事、業務担当理事、総務担当理事を置き、理事の互選により選任する。

第5章 計算

(事業年度)
第12条 当法人の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年を1期とする。

(剰余金)
当法人は、剰余金の分配を行うことができない。

第6章 定款の変更及び解散

(定款の変更)
第14条 子の定款は、社員総会において、総社員の半数以上であって、総社員の議決権の3分の2以上に当たる多数の決議によって変更することができる。

(解散)
第15条 当法人は、法人法その他法令で定められた事由によるほか、社員総会において、総社員の半数以上であって、総社員の議決権の3分の2以上に当たる多数の決議により解散することができる。

(残余財産の帰属)
第16条 当法人が生産をする場合において有する残余財産は、写真総会の決議を経て、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第17号に掲げる法人
又は国若しくは地方公共団体に贈与するものとする。